談笑中

予備校の入試

本を読む

医学部予備校では入学するために必要な入試を実施しているところがほとんどです。入試を実施している理由には医学部に合格出来るだけの潜在的な能力を備えているのかや、習熟度別のクラス訳を行なう判断材料として行なうといったものがあります。予備校の中に医学部への合格実績や合格率の高さを売りにしている所もあるため、そういった数字を落としたくが無いために生徒を選抜している予備校もあるのです。その上、選抜クラスや特待クラスなどによる高度な受業を行ない、医学部の合格率を限りなく高めるために試験を設けている場合もあるのです。
でも、多くの予備校では学生一人一人のことを考え、それぞれにあった指導を行なうために学力の把握や弱点科目の把握をするために入学試験を課していることを理解しましょう。
医学部予備校の入試試験は学科試験とは別に入学試験を受けることが普通です。医学部専門予備校では私大医学部に向けてのカリキュラムに特化している場合が多いので、試験科目は数学や国語、英語、物理に科目といった基礎的なものが一般的になっています。
面接では医師としての適性や人間性といった人格の他に、やる気などの意思を見られる傾向が強いです。主に私立大学医学部で必要な試験科目が対象となっているため、特別な学習などではなく、日頃の基本的な学習の延長として考えておきましょう。
医学部予備校に入学する際には入学試験を課す予備校は多いですが、その際に不合格になってしまう人も少なくはないでしょう。しかし、一度不合格になったからといっても再度チャレンジすることはできるのです。予備校もビジネスであるため生徒は多い方通いと考えています。従って一定の学力さえあれば不合格になることはあまりありません。気負わずに一年間を必死に頑張るといった姿勢で挑戦していきましょう。

最新記事一覧